2012年12月16日

運による回避補正−5

太鼓判‐ハンコ.gif
運による回避補正についての検証の続きになります。
運による補正が、基準回避率Kによって変動するような傾向が見受けられました。
そのため、↓のような近似式を提唱しています。
 最終回避率[%]=基準回避率K[%]×EXP(α×運差)
αを求めるための検証では今回が第2回目となります。
【関連記事:運による回避補正−2


<検証条件>
・対象MOBとステータス  過ぎた栄光の展示場  Lv260鎧霊Ex
回避検証-運依存性3・MOB例.PNG 回避検証-運依存性3・ステータス例.PNG
敏捷値を417に固定

・変化項目@  MOBとの運差を50ずつ変化させる(ただし、150を除く)
・変化項目A  G補正を除く追加回避補正 +10%、+15%、+20%、+25% をそれぞれ加える

・試行回数  1000回

・回避補正  G補正のみ
回避検証-運依存性3・G補正.PNG


<結果 追加回避率別による変化>
各図  縦軸:実回避率[%]  横軸:運差(キャラ−MOB)  ※指数数値は運差/50をベースとしている
回避検証-運依存性3・追加回避10.PNG 回避検証-運依存性3・追加回避15.PNG
          追加回避+10%                    追加回避+15%
        K:65.42 指数:0.0205                K:69.87 指数:0.0173

回避検証-運依存性3・追加回避20.PNG 回避検証-運依存性3・追加回避25.PNG
          追加回避+20%                    追加回避+25%
        K:75.52 指数:0.0139                K:80.28 指数:0.0109


<考察 指数係数の変動について>
今回得られたデータと今までに得られたデータ それぞれの指数係数を基にしたグラフは↓のようになった。
回避検証-運依存性3・近似指数.PNG

縦軸:指数係数α  横軸:基準回避率K[%]

今回のデータを含めても、R^2値により 信頼性があるような結果となり、グラフの近似式から、その指数係数の変化は以下の式に近しい。
回避検証-運依存性3・近似式.PNG
※X=K/100


<今後の予定>
より近似になるように、空白となっている範囲について検証を行う。
詳細は下図参照。
回避検証-運依存性3・今後の予定.PNG
縦軸:指数係数  横軸:基準回避率[%]

〇基準回避5〜11%区間で1例
〇基準回避33〜52%区間で3例
○基準回避54〜64%区間で1例
○基準回避81〜88%区間で1例

posted by recordatio at 00:48| Comment(0) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。