2012年10月27日

敏捷による回避補正−3

太鼓判‐ハンコ.gif
敏捷が低いと命中率に大きな影響を及ぼすことがわかってから、敏捷の比に依存した変化だということがわかりました。
前回の検証で比率に依存することがわかったため、もしかしたら、回避側も同じような変化をするのではないか? と考えました。
過去に検証したデータでは、敏捷比が小さいため比較・判断が難しいです。
そのため、改めて検証しなおすことにしました。
【関連記事:敏捷による命中補正−2


<検証条件>
・対象MOBとステータス  アルパス地下監獄B1 Lv60大型骸骨(敏捷値45)
回避検証-敏捷依存性3・MOB例.PNG 回避検証-敏捷依存性3・ステータス例.PNG

・変化項目  敏捷値を比率割合で変化させる

・試行回数  1000回

・回避補正  なし


<結果>
敏捷値 敏捷比 回避回数 実回避率[%]
45 1 180 18
90 2 359 35.9
135 3 438 43.8
180 4 517 51.7
225 5 572 57.2
270 6 628 62.8
315 7 639 63.9
※敏捷比=キャラ敏捷値/MOB敏捷値


<考察>
今回得られたデータを元にグラフを描くと↓のようになった。
回避検証-敏捷依存性3-近似.PNG
縦軸:実回避率[%]  横軸:敏捷比(キャラ敏捷値/MOB敏捷値)

近似曲線は対数方式のものを使用しR^2係数はかなり100に近いことがわかる。
この近似式は、24.053×ln(X)+18.321・・・@ となった。

敏捷による命中補正の式の −23.453×ln(X)+82.567・・・A と比較すると、傾きの23.453に近しいことがわかる。
しかし、式Aの敏捷比Xは MOB敏捷値/キャラ敏捷値 なので、式@の キャラ敏捷値/MOB敏捷値 とは異なっている。
ここで、この検証系列の検証条件の前提としている 被弾側の敏捷値≧攻撃側の敏捷値 に置き換えると、式@Aともに敏捷比Xとして成り立つ。
 敏捷による補正[%]の近似式) 24×ln(被弾側の敏捷値/攻撃側の敏捷値)

しかるに、以前に提示していた 回避率[%]≠100−命中率[%] は誤りで、回避率[%]=100−命中率[%] は成立することになる。


<まとめ>
被弾側の敏捷値≧攻撃側の敏捷値の条件下での 攻撃側の命中率と被弾側の回避率は、命中率[%]=100−回避率[%] を満たす。
そのときの敏捷による補正は、
 敏捷による補正[%]=24×ln(被弾側の敏捷値/攻撃側の敏捷値)
の近似式に近しい。
posted by recordatio at 21:56| Comment(0) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。