2012年09月30日

敏捷による命中補正

以前のLv差による命中補正の検証で、敏捷を1に固定した際に低LvのMOBに対して かなり低い命中率となっていました。
このことから、敏捷値によって命中補正が大きく変化することがわかりました。
しかし、具体的にどのように変化するのかは 比率のように としか予想することしかできませんでした。
今回、キャラ敏捷値≦MOB敏捷値 の条件の下で敏捷を変化させた場合の命中について検証してみることにしました。
【関連記事:Lv差による命中補正


<検証条件>
・対象MOBとステータス  タトバ鉱山B1 Lv70骸骨狂戦士Ex(敏捷値85)
命中検証2-MOB・例.PNG 命中検証2-ステータス・例.PNG

・変化項目  敏捷値を15から85まで5ずつ変化させる

・試行回数  1000回

・攻撃スキル  ⇒命中補正なし
命中検証2-攻撃スキル.PNG

・命中補正  なし


<検証結果>
敏捷値 命中回数 実命中率[%]
15 363 36.3
20 480 48
25 538 53.8
30 616 61.6
35 623 62.3
40 664 66.4
45 683 68.3
50 696 69.6
55 727 72.7
60 758 75.8
65 757 75.7
70 791 79.1
75 810 81
80 813 81.3
85 782 78.2


<考察>
結果を見ると、敏捷差が小さいとほとんど命中の差が出ず、逆に大きいと大きな差が出ていることがわかる。
敏捷値がMOBよりも70低いだけでMOBへの攻撃ミスが頻発したが、逆に過去に検証した敏捷による回避補正−2では、敏捷差70程度で回避率に大きな違いはなかった。
このことから、敏捷による変化は比率によって変化するものではないかと考えた。

命中検証2-近似-直線.PNG 命中検証2-近似-指数.PNG
縦軸:実命中率[%]  横軸:(MOB敏捷値/キャラ敏捷値)
左図:直線近似方式  右図:指数近似方式
R^2指数的には指数近似方式がより近いようだが、比率6以上の検証データは無いため確実とはいえない。
そのため、比較的計算しやすい直線近似式の方を今回は取り上げることにする。

 近似式) 敏捷による命中補正[%]=−9.6357×(MOB敏捷値/キャラ敏捷値−1)+78.8853

接点である78.8853は (100−Lvによる回避[%])≒20 と考えられるため、ここでは不問とする。
肝心の係数は9.5に近い値となっているが、10のようなきりのよい数字ではないためまだ確かではない。
そのため、今後は より詳細な検証を行う必要がある。
posted by recordatio at 10:55| Comment(1) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: 無題
数年ぶりに金鯖から復帰し、色々と調べながらプレイしている者です。

このブログの回避命中関連記事を一読し、大変感心しました。
実際に狩りをする際、こちらのブログの計算式に沿って装備を整えてみたところ、概ね検証通りの結果が得られ、本当に驚きました。

黒在住なのでお手伝いできる事はないと思いますが、応援しています。
Posted by 復帰 at 2012年10月02日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。