2012年06月02日

Lv差による回避補正−3

回避について調べていると、Lv差による回避補正について簡単に検証されてたサイトのデータから、低Lv帯でも条件しだいで補正の限界になるようです。
Lv差が大きくなるほど補正が大きくなるものだと考えていましたが、低Lv帯でも計算が合うように再検証する必要性が出てきました。
【関連記事:Lv差による回避補正−2


<検証条件>
・対象MOBとステータス  地下墓地B1  Lv5斧骸骨戦士
回避検証-Lv差3-MOB・例.PNG 回避検証-Lv差3-ステータス・例.PNG
MOBと同敏捷値&同運値にする

・変化項目  Lvを5ずつ増やす

・試行回数  1000回(ブロック時も命中としてカウント)

・回避補正  無し


<結果>
キャラLv 回避回数 実回避率[%]
5 185 18.5
10 476 47.6
15 585 58.5
20 656 65.6
25 751 75.1
30 762 76.2
35 790 79
40 833 83.3
45 843 84.3
50 849 84.9
Lv差が大きくなるにつれて回避補正は大きくなるが、MOBとのLvの差が小さいほど回避増加量が大きい。
また、キャラLv40〜50までの回避の差が小さく、誤差とも考えられるため検証を中止した。


<考察@ 結果からの近似式 及び 過去データとの比較>
今回得られたデータを基にグラフを描くと↓のようになります。
回避検証-Lv差3-グラフ.PNG
縦軸:実回避率[%]  横軸:Lv比(キャラLv/MOBLv)

Excelからの近似式は、対数近似方式が最も近く 28.275×Ln(X)+24.592となった。
ここで、Lnは底をe(自然対数)としたLog、XはキャラLv/MOBLv を表しています。
以前に検証したデータも含めてグラフを描かせると、↓のようになりほぼ一致することがわかる。
回避検証-Lv差3-比較.PNG
縦軸:回避率[%]  横軸:Lv比(キャラLv/MOBLv)
■今回の検証データ  ◆以前の検証データ
※敏捷による回避補正とGなどによる回避を引いた値(実回避率90%付近を除く)
 また、比較しやすいようにXの範囲を1≦X≦9とする


以前に検証したデータはデータ数が多いためばらつきやすいはずが、今回の検証結果よりも より近似していることがR^2値からうかがえる。
従って、過去データを重視し、Lvによる回避補正[%]は 29×Ln(キャラLv/MOBLv)+24 で近似できる(考察Aによる条件を除く)
注意すべきは同Lvのときの回避率は20%程度だが、近似式の値は24となっている点。
キャラLv<MOBLvの場合も検証することでまた値が変わってくるものだと予想される。


<考察A 近似式の真実性>
今回得られた近似式を用いて、キャラLv<MOBLvの場合の回避率を求めてみます。
過去データからLv610骸骨騎士Exのものをピックアップ。
 ・同敏捷値&同運値、G補正による回避補正を引くと、18.7−8=10.7%
 ・近似式からの計算 29×Ln(490/610)+24≒17.65%
結果からわかるように、現時点ではキャラLv<MOBLvの場合の計算には適応しません


<まとめ>
・Lvの違いによる回避率は、Lvの差ではなく比によって変動する。
・Lv比X=キャラLv/MOBLvとするとき、1<X<10範囲であれば、Lv比による回避補正[%]≒29×Ln(X)+24 でほぼ近似できる。
posted by recordatio at 22:40| Comment(5) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: いつも貴重な情報の公開ありがとうございます
本件に限ると意味があるかどうかは別として
しっかりとしたグラフソフト使って
4パラメータでロジスティック回帰させれば
もっと近似な式出せそうな気もしますね。

線形から推測するにR=0.99は出ると思います。

でも個人で手を出せてロジスティック回帰というと
Rくらいしか思い当たりませんし、現行の式でも
差し支えがあるとも思えませんので蛇足でしたね。
Posted by ヴェルダンディ at 2012年06月03日 09:56
TITLE: Re: いつも貴重な情報の公開ありがとうございます
>ヴェルダンディさん
>しっかりとしたグラフソフト使って

確かに、もっといい解析ソフトなんかを使えばいいのですが持ち合わせていませんw

もっとも、毎度条件付きの検証なので知り得る範囲が小さく、
試行回数が1000回でも少ないのか?(・ω・`;)
そもそも検証の基準としている値などが間違っていないのか?(;´・ω・) など、
自信が無かったりする部分もあって、本当に近似式(値)が必要なのかどうか・・・
まとめの記事には、そういった考えで未だに値を書き込めずにいたりします(-_-;)

記事の観覧ありがとうございました<(_ _)>
Posted by recordatio at 2012年06月03日 12:59
TITLE: 質問があります
検証・考察の記事が多くて、まだ途中ですけど勉強になります。
そこで質問なのですが、
[回避率]及び[命中率]が防御側・攻撃側双方にあるとき、双方の数値は相殺される扱いになるのでしょうか?

また、rs.byroad.net/archives/1153
の記事において、回避率無視は、装備の回避率を無視できないとあるのですが、これは、この事象のときのみと考えて大丈夫でしょうか?
現在は、回避率を100%以上にしても完全な回避ができないように修正されたようですが…。現在の回避率無視の仕様が気になっています。

どうかお願い致します。
Posted by まいる at 2012年06月05日 23:14
TITLE: Re: 質問があります
>まいるさん
>[回避率]及び[命中率]が防御側・攻撃側双方にあるとき、双方の数値は相殺される扱いになるのでしょうか?

おそらく相殺関係にあるとは思います。
しかし、命中・回避+〇%の数値のまま計算されているのかは今のところわかりません。

>現在の回避率無視の仕様が気になっています。

私個人は装備の回避率について限定されておられるようですが、おそらくですが回避+〇%系となるものすべてを無視するものだと考えています。
しかし、Gvでの動作については全く検証はしていないので、効果の有無はわかりません。
回避率無視の動作については、実際にGv検証されている他のサイトが多いのでそちらを参考にされた方が良いかと思います。
Posted by recordatio at 2012年06月06日 20:40
TITLE: Re: Re: 質問があります
お返事ありがとうございました。
そのうち、自分なりに検証等もしてみたいと思います。
Posted by まいる at 2012年06月09日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。