2011年12月18日

敏捷による回避補正

以前に運による回避補正を検証したので、今回は敏捷による回避補正を検証しました。
【関連記事:運による回避補正


<検証条件>
・対象MOB  過ぎた栄光の展示場 Lv260幽霊鎧Ex
回避検証-敏捷依存性・MOB例.PNG

・ステータス
回避検証-敏捷依存性・ステータス例.PNG
絶望リングを装備し、運を1に固定

・変化項目  MOBとの敏捷差を50ずつ変化させる(任意の敏捷差にできない場合を除く、また−250については後日検証予定)

・試行回数  1000回

・回避補正  G補正及び装備による補正
回避検証-敏捷依存性・G補正.PNG


<結果>
敏捷差(キャラ−MOB) 回避補正[%] 回避回数 回避率[%]
−300
−250      
−200 8 470 39
−150〜50
100 8 533 45.3
150 9 595 50.5
200 8 593 51.3
250 8 615 53.5
300 8 610 53
350 8 612 53.2
400 9 643 55.3
450 8 649 56.9
500 9 675 58.5
551 9 665 57.5
600 8 681 60.1
650 9 704 61.4
700 8 685 60.5
750 9 721 63.1
800 8 734 65.4
850 11 766 65.6
900 12 777 65.7
※回避補正を引いた値


<考察@ 結果からわかる敏捷補正>
回避検証-敏捷依存性-グラフ.PNG
縦軸:回避率[%]  横軸:敏捷差(キャラ−MOB)

Excelの近似式から、傾きは1.1977と得られたので、
50/1.1977=41.7466・・・⇒41.75とする
従って、敏捷による回避補正[%]≒敏捷差/41.75

別の考え方では、同じような回避結果がいくつか連なっている部分があるので、断続的な補正が加わる計算式なのかもしれません。
例】 敏捷補正[%]=INT(敏捷差/200)×3
しかしこの説を確証付けるには、より細かく敏捷値を変化させ検証回数も膨大になるので、現時点では/41.75の方が扱いやすいです。


<考察A 敏捷による回避補正の影響差>
以前に検証したLv差による回避補正−2の記事において、結果@の 同敏捷値時のLv差による回避補正 の表中の 敏捷加算理論回避率 の項目では、敏捷による回避補正を 敏捷差/25 で計算していました。
今回の検証で得られた結果では、敏捷差/41.75 という式になっています。
敏捷差(キャラ−MOB)が正だと敏捷差/41.75 負であると敏捷差/25と考えられます。
しかし、MOBよりもキャラ側の敏捷値が低い場合の回避のデータが少ないので現時点ではまだまだ断定することはできないと思われます。
また、係数がLv差に依存して変化する場合も考えられるので、再検証する必要もあります

<補足>
考察Aの説が正しいとすると、考察@中のグラフには係数41.75のデータに25のデータが含まれていることになります。
しかしながら、係数25から41.75に切り替わる境目が(おそらく敏捷差±0だとは思いますが)現時点ではわからなく、25のデータも少ないことから同グラフに含ませました。
posted by recordatio at 15:02| Comment(0) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。