2011年06月26日

運による回避補正

太鼓判‐ハンコ.gif
ステータスの敏捷及び運の値を上昇させると回避率が上昇します。
この回避率について多くの方が検証されており、RSの一つの重要事項でもあるようです。
検証結果からいくつかの理論式が出ていますが、体感的に&計算上で 回避100%↑にしても実際には被弾0は実現していませんでした。
以前の検証データから、命中・回避の限界率を変動させるパラメータとして運の値が関係しているようで、今回は運を変動させたときの回避率について検証してみました。
【関連記事:命中率・回避率の限界


<検証条件>
・対象MOBとステータス
地下墓地B1 Lv21骸骨狂戦士Ex (敏捷35に固定⇒敏捷差+1)
過ぎた栄光の展示場 Lv260幽霊鎧Ex (敏捷差+100に固定)
ガルカス悪魔軍集結地B1 Lv610骸骨騎士Ex (敏捷35に固定⇒敏捷差−505)
回避検証-運依存性・MOB例.PNG 回避検証-運依存性・ステータス例.PNG

・変化項目  MOBとの運差を50ずつ変化させる

・試行回数  1000回

・回避補正  G補正のみ
回避検証-運依存性・G補正.PNG


<結果>
・Lv21骸骨狂戦士Ex
回避検証-運依存性・Lv21.PNG

・Lv260幽霊鎧Ex
回避検証-運依存性・Lv260.PNG

・Lv610骸骨騎士Ex
回避検証-運依存性・Lv610.PNG

縦軸:回避率[%]  横軸:運差


<考察>
現在、私の知りうる限りですが有力な回避率の計算式として、↓の式があるようです。

回避率[%]=100+回避補正+敏捷ボーナス+運差ボーナス−(100−敏捷/20)×(100−運差/20)・・・@
詳細は、まったりレッドストーン☆様のこちらの記事を参照してください。

回避率[%]=回避補正+敏捷/25+運/30+Lv/100・・・A
詳細は、銀魂レッドストーンmix様のこちらの記事を参照してください。

今回の結果から、私的に考えた回避率の式は↓のようになります。
回避率[%]=100− (100−敏捷差による補正−Lv差による補正−回避補正) ×(1024−運差) /1024・・・B
※(100−敏捷差による補正−Lv差による補正−回避補正)の項では最小5最大90の範囲内の値をとるものとする
 1024は1000と断定できなかったため、仮の値を代用

この計算式は、↓のようにグラフにすることで、実回避に近づいていることがわかります。
しかし経験上、運差1024以上でも回避率100%は実現しておらず、不一致とも考えられるデータもあるのでまだまだ信頼性は低いです。
回避検証-運依存性・Lv21・考察.PNG 回避検証-運依存性・Lv260・考察.PNG
           Lv21骸骨狂戦士Ex時                              Lv260幽霊鎧Ex時

回避検証-運依存性・Lv610・考察.PNG
           Lv610骸骨騎士Ex時

縦軸:回避率[%]  横軸:運差
実回避  理論式@  理論式A  理論式B
また、今回得られたデータ及び各理論式の結果などを続きに記載しておきます。Lv21骸骨狂戦士Ex
運差 被弾回数 実回避率[%] 理論式@回避率[%] 理論式A回避率[%] 理論式B回避率[%]
0 110 89.0 19.75 14.30 89.0
50 94 90.6 32.21 15.97 89.5
100 92 90.8 34.66 17.63 90.1
150 37.12 19.30 90.6
200 77 92.3 39.58 20.97 91.1
250 82 91.8 42.03 22.63 91.7
300 80 92.0 44.49 24.30 92.2
350 59 94.1 46.94 25.97 92.8
400 61 93.9 49.40 27.63 93.3
450 52 94.8 51.86 29.30 93.8
500 36 96.4 54.31 30.97 94.4
550 43 95.7 56.77 32.63 94.9
600 44 95.6 59.23 34.30 95.4
650 33 96.7 61.68 35.97 96.0
700 43 95.7 64.14 37.63 96.5
750 23 97.7 66.59 39.30 97.1
800 25 97.5 69.05 40.97 97.6
850 20 98.0 71.51 42.63 98.1
900 4 99.6 73.96 44.30 98.7
950 7 99.3 76.42 45.97 99.2
1000 0 100.00 78.88 47.63 99.7

Lv260幽霊鎧Ex
運差 被弾回数 実回避率[%] 理論式@回避率[%] 理論式A回避率[%] 理論式B回避率[%]
0 467 53.3 38.85 29.58 53.3
50 419 58.1 50.83 31.25 55.6
100 422 57.8 52.81 32.91 57.9
150 54.79 34.58 60.1
200 410 59.0 56.77 36.25 62.4
250 399 60.1 58.74 37.91 64.7
300 334 66.6 60.72 39.58 67.0
350 349 65.1 62.70 41.25 69.3
400 311 68.9 64.68 42.91 71.5
450 310 69.0 66.66 44.58 73.8
500 277 72.3 68.64 46.25 76.1
550 252 74.8 70.62 47.91 78.4
600 224 77.6 72.60 49.58 80.7
650 220 78.0 74.57 51.25 82.9
700 166 83.4 76.55 52.91 85.2
750 179 82.1 78.53 54.58 87.5
800 134 86.6 80.51 56.25 89.8
850 109 89.1 82.49 57.91 92.1
900 79 92.1 84.47 59.58 94.3
950 49 95.1 86.45 61.25 96.6
1000 12 98.8 88.63 62.91 98.9
基礎回避(運差0時)を53.3%で計算しているため、理論式Bの結果はばらけめ。
実回避のばらけを考慮して基礎回避を50%程度で計算すると実回避に より近づきます。

Lv610骸骨騎士Ex
運差 被弾回数 実回避率[%] 理論式@回避率[%] 理論式A回避率[%] 理論式B回避率[%]
0 966 3.4 9.75 14.30 3.4
50 957 4.3 22.21 15.97 8.1
100 952 4.8 24.66 17.63 12.8
150 27.12 19.30 17.6
200 943 5.7 29.58 20.97 22.3
250 937 6.3 32.03 22.63 27.0
300 932 6.8 34.49 24.30 31.7
350 928 7.2 36.94 25.97 36.4
400 913 8.7 39.40 27.63 41.1
450 905 9.5 41.86 29.30 45.9
500 899 10.1 44.31 30.97 50.6
550 893 10.7 46.77 32.63 55.3
600 883 11.7 49.23 34.30 60.0
650 891 10.9 51.68 35.97 64.7
700 859 14.1 54.14 37.63 69.4
750 859 14.1 56.59 39.30 74.2
800 819 18.1 59.05 40.97 78.9
850 834 16.6 61.51 42.63 83.6
900 788 21.2 63.96 44.30 88.3
950 776 22.4 66.42 45.97 93.0
1000 728 27.2 68.88 47.63 97.7
Lv260時と同様に基礎回避の問題があるが、値が大きく食い違っているので論外に。
運差計算で1/4の補正を加えるとある程度は近づきはしますが・・・
Lv差によって運差計算に補正が加わるものなのかもしれません。

また、実回避が運により2次関数的な増加傾向にあることに着目し、被弾回数をグラフ化。回避検証-運依存性・Lv610・推測.PNG
縦軸:被弾回数  横軸:運差

↑グラフのExcelからの近似式は、
回避検証-運依存性・Lv610・近似式.PNG
となるので、この式から被弾回数0:y=0(x接点)を求めてみます。

回避検証-運依存性・Lv610・x接点.PNG
回避検証-運依存性・Lv610・x接点_2.PNG
回避検証-運依存性・Lv610・因数分解.PNG
これを解き、x>0なのでx=2172.635・・・
従って、理論上では運差2200付近で回避率が100%程度になると予想されます。
実際に検証してみないと断定はできませんが・・・
posted by recordatio at 00:53| Comment(9) | 命中&回避の検証考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: 無題
回避補正を100%にすると攻撃絶対当たらなくなります
Posted by ぶりぶり at 2011年06月30日 11:02
TITLE: Re: 無題
『回避補正が100%で完全回避できる』とのことですが、具体的にどのような状況なのでしょうか?

サイト検索した結果、スキルによる回避補正と回避OP系による回避補正を合わせて100%にした場合の検証では、回避100%はできなかったそうです。
また、私検証の【命中率・回避率の限界】の記事において、Lv差による回避補正+回避OP系による回避補正では90%が限界だという結果が出ています。

ただし、例外の「プリンセスのうさぎ変身」は回避100%だということは知っていますが・・・
Posted by recordatio at 2011年06月30日 20:47
TITLE: 無題
この計算式だと、運さえ上げれば敏捷の値に関係無く回避率が決まるようですが、それは他の方の多くの検証事実と矛盾するのでは?
Posted by 回避君 at 2011年07月23日 09:34
TITLE: Re: 無題
>回避君さん
>運さえ上げれば敏捷の値に関係無く回避率が決まるようですが

敏捷による回避補正については現在検証中につき、『敏捷差による補正』いう項で大雑把にまとめています。
検証されている方々・私自身も以前に検証した結果から、敏捷による回避補正[%]=敏捷差/25 説が有力候補になるかと思います。
なお敏捷及び運による回避補正は、(現段階では)運による回避補正の方が効果が大きいということになります。
Posted by recordatio at 2011年07月23日 22:56
TITLE: 無題
現状の仮説に従えば、回避率を上げたければとりあえず敏捷よりも運を上げたほうが良いとみていいですか?
Posted by 回避君 at 2011年07月24日 13:14
TITLE: Re: 無題
>回避君さん
>現状の仮説に従えば、回避率を上げたければとりあえず敏捷よりも運を上げたほうが良い

対象とする相手のLvがこちらよりも低い場合(-100以上)はそうなります。
しかし、Lvが同程度 もしくは こちらよりも高い場合は、検証結果が少ないためどちらを上げた方が良いか現段階で断定することはできません。
『Lv差を変化させた時の運による回避補正についての関連性』については検証待ちの状態です<(_ _)>
Posted by recordatio at 2011年07月24日 18:23
TITLE: Re: Re: 無題
> 『回避補正が100%で完全回避できる』とのことですが、具体的にどのような状況なのでしょうか?

エミュ鯖の話で安心できない要素が多いとは思うのですが、かつてエミュ鯖では回避・命中バッジの重複可能という仕様がありました。
鞄にいくつバッジがあってもいいし、鞄内の全てのバッジが効果を発揮するという仕様です。
その状態で回避バッジを積み、霧・G補正・装備などと合計して回避率が100%を越えると狩り・GV共に物理攻撃が完全に(運・敏捷・レベル差に関係なく)当たらなくなりました。

ちなみに、同様の現象は本鯖8月の段階でも確認されており、「RS記録帳」さんが記事にしています。
Posted by ももも at 2012年01月18日 09:09
TITLE: Re: Re: Re: 無題
>もももさん
 コメントありがとうございます。

回避OP系による回避補正を100%越えると、相手・自分のステータス等に関わらず物理攻撃は100%回避できる ということですね。
実はこのことは昨年中に知ることになったのですが、今まで「まとめの記事」で記載はしていませんでした。
冬の大型アップデート(ver0.0564)にて修正されたようですね。
Posted by recordatio at 2012年01月18日 21:56
TITLE: Re: Re: Re: Re: 無題
御返信ありがとうございます。

> 冬の大型アップデート(ver0.0564)にて修正されたようですね。
なるほど、そうだったのですか。
これは存じておりませんでした、申し訳ない。

今後の検証記事を楽しみにしております!
Posted by ももも at 2012年01月19日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。